You are in rock. Still…

*<font color="#FF0000">まだ</font> いしのなかにいる*

気持ちよく走るために

音楽をききながら走る人は多いと思う。時に夜ラン派の人には多いのじゃないだろうか?夜は、景色もあまり楽しめないし、孤独に?一人夜の道を走るのは結構寂しいw。

最初のうちは、あまり道具とかこだわらなかったのだけど、というのも走り始めた頃といえばせいぜい20分走るのが精一杯だったから。それが5km、10kmと距離を伸ばす内に、当然、時間も30分、1時間、、、と延びていき。それも夜に帰宅してからのランが多かったから、田舎の夜の道は暗いw。

走ろうと思えばいくつもコースがあって、自宅は海岸線に近いから海沿いを走るのは気持ちが良いものだった。けれど8時、9時ともなると真っ暗になってしまうので、街灯の並ぶ比較的に明るいところをグルグルまわることになる。正直、毎日同じトコロを走るのは飽きるのだ。

なのでイヤホンを耳に突っ込んで走りだすのにそう時間はかからなかった。

www.sony.jp最初はこういうタイプのウオークマンだったから、イヤホンを耳にというのは正確にはちょっと違うか。あ、ホントの最初の最初は、普通にiphoneで付属のコードイヤホンで聞いていた。でも汗のせいかすぐにダメになったのだ。それで防水性能からウオークマンのWシリーズにしたのだ。

 こいつは結構優れもので単体で、耳にかけるように装着すればあとは何もいらない。本体メモリーに曲を保存できた。結構コイツはお世話になった。が、距離が伸びて時間も長くなると、携帯をもつ必要が出てきたもんだから。再びiphone+イヤホンになった。防水タイプのコードイヤホンを使った。

オークマンのWタイプとべると、音質はちょっと劣ると感じた。それにコードが邪魔に感じて、すぐにワイヤレスタイプを探す。最初は謎メーカの安価なものから始めたが、これがすぐに壊れる。安かろう悪かろう、、、片方だけ聞こえなくなる。走る振動で音が途切れる、ノイズが乗る、、、などで2台は破棄した^^;

それでBoseにたどり着く。ちょっとお値段ははるのだが、防滴仕様であること、最大5時間の連続再生が可能なこと、ちょっと大きめだけど装着するとこれが結構ピッタリで走ってもそう外れないこと。大きいから落ちてもすぐ見つけられるw。低音が結構きいてるのも好みでした。今はこれがイチオシになってます。

最近、あんまり記録を追求しなくなっていて、ファン・ランにどっぷり浸かってます。なので、ランニングでお役立ちになってるモノや、お気に入りのモノなんかを時々紹介していこうと思います。だったら最初はシューズだろう、、、ってツッコミはなしです。w