You are in rock

*いしのなかにいる*

コロナ疲れにご用心

例えば壁に黒いシミが一つあって、どうやらジワリジワリと広がって居るようでもあるのだが、どうにもこうにも忙しくて、今に手が空いたら拭き取ろうとは思うのだが、そう、忙しくて手が回らない。とはいっても疲れた身体を休めようとベッドに横たわると、その壁のシミが目に入ってくる。ついつい凝視してしまう。疲れていても眠る事が出来ず、ぼーっと黒いシミに目をとらわれて凝視してしまう。

そんな時間が延々と続けば、、、ただ疲れるだけだろう。

日々、なんだか得体の知れない”恐ろしい”ウイルス。それにジワリジワリと浸食されてるような気分で過ごしていると、気疲れしていませんか?たぶん「得たいの知れない」ということが一番の問題なのかもしれません。なにしろ目に見えませんからね。

なのに、ニュースで、連日、こうも騒がれると。見えないコロナウイルスがそこいら中に充満しているような感覚になっちゃいます。油断も隙も無くピッチリと口と鼻をマスクで覆って、控えめに、そーっと息を潜めている。あああ気疲れMAX!

ここらでちょっと気を抜いてもいいのではないでしょうか?

決して油断していいよ、というのではありませんが。そもそもこのウイルスの特性について確認してみてはどうでしょう。皆さんの思いつく方法で、ちょっと調べてみましょ。いろんな検索結果が出てきます。果たしてどれが正しいのか、、、そうこうしてる間にまた何人か罹患したと報道が、、、でも、ちょっと待ってください。

毎年猛威を振るってるインフルエンザ、ヤツらと比較して、コイツはどうなんでしょうか。それとの比較で患者数はどうでしょうか?また、諸外国での患者数の発生速度や重症化数、または死亡率と日本国内のそれと比較して、、、こんな狭くて人口の密集した閉じた島国なのに、、、これは感染をうまく食い止めていると言えるのではないでしょうか?

世界地図での比較なんて身近な生活での備えになんの役にもたたない。と、言われてしまえばそれまで。はいそのとおり。万全を期して注意を怠らず生活を、、、でも、疲れちゃいますよね?

たぶん家の外、人もまばらな郊外の方が、感染リスクはずっとすくないはずです。家に籠城しているより、たまには外へでて思い切り深呼吸した方がいい。気晴らしも必要じゃないかと思いますよ。マイカーでぴゅーっと郊外へ出かけてみてはいかがでしょうか

f:id:mzo:20200310200335j:plain