You are in rock

*いしのなかにいる*

311

あのとき僕は揺れていることを感じることはできたが普通に仕事をし続けていて仕事が終わって人気のない待合室にテレビを消しに行ってその画像に立ちすくんだのだったか

news.tv-asahi.co.jp世紀末だとか、ノストラダムスだとか、、、恐怖の大王だなそういうむしろ具体的なイメージに抱く恐れとは違う。見慣れた地震の被害から、その規模が2つ3つステップアップするだけで、津波、原子炉、、、一瞬にしてこういう景色に切り替わるとは!

自分自身が持ち合わせる想像力の範囲を容易に超えた景色。それこそ幼少の頃に、震えながらも目をそらせなかった地獄絵図や曼荼羅、、、その先に広がる想像の世界絵図を簡単にぶっ飛ばしてしまった。地震の破壊力!

地震津波も知ってるつもりだったが、全く油断していたことを思い知らされた。

あれから10年。10年たって、やはり、僕の想像力は失われていたのだ。復興という言葉さえ過去のものにしてしまい。今、コロナのコトしか考えていない。同じコロナ禍の空の下生きている者として、想像力の欠如をなげくしかできない。

せめて今夜は胸のうちに静かに嘆きながら寝むりにつきます。明日の朝なにげなく目がさめるまで