You are in rock

*いしのなかにいる*

なぜにTOYAMA

絲山秋子さんの『まっとうな人生』を読んでバカ笑いしたのもつかのま、なんとこんどは、椰月 美智子さんが『きときと夫婦旅』で富山を舞台に大暴れ(w)だ。どういうわけだ?

富山ってどこにあるか知ってる?こんな目立たないなーんの取り柄もない富山が、こう続けて舞台になるなんて、立山が噴火するのか富山湾が二つに割れて大陸と地続きになっちゃうんじゃないか!それとも糸静線でとうとう日本が真っ二つになるのか!!!なんて心配してしまうような天変地異クラスの出来事

ホントに、ホントに富山県ってどこにあるか知ってる?

 

この裏日本のドまん中の富山が舞台になるなんて 。ほんとビックラゲーションなできごとなんだから、、、地元では静かですけどね。

絲山さんも椰月さんも僕の大好きな作家だ。そのお二人に続けて取り上げられるなって、、、と驚いていたら。大変なこと思い出した!そういえば、恩田陸さんの『愚かな薔薇』もだ。恩田陸さんも大大好きな作家だ!この本も舞台は富山で八尾だった。地名として出てこないが、文中の方言や「風の盆」の祭りの雰囲気がなんかが、だだ漏れだった。

あら、表紙が違う、初回版はこっちだ。萩尾望都~^^;

いや。とにもかくにもだ。なぜに今富山が小説で取り上げられるのか?なんとも複雑な心も持ちなのです。それもなんか2時間サスペンスのドサ回りネタみたいな扱いじゃなくって、ぼくの大好きな作家さんたちの小説の舞台になっている。ビックリですよ!!

なにはともあれ「富山がドコにあるのか皆さんがご存じなのか」がきになります。みなさん是非ググって確かめてくださいね。

コロナが落ち着いた暁にはぜひ遊びにきてくださいね~、遊ぶところないけどw