You are in rock

*いしのなかにいる*

秋の、風、日射し、そして雲。

なんだか至る所秋の気配が押し寄せている。暦の上では、立秋が8月7日だったから、もうかなり秋が進んではいる。お盆もすぎて学校も始まった。夏は終わったようだ。朝晩はクーラーなしでも過ごせるようになったし、網戸で十分。それどころか網戸では朝肌寒さで目が覚める。

学生さんは、そろそろ夏休みの宿題が心配になる頃か?と、思ったら。あれれ?今朝から通学が始まってるぞ。確か、遙か昔のことだがw、夏休みは8月31日までだった気がする。そっか今日からなんだ、、、

2022年の小学校、中学校、高校の夏休みは?

2022年夏休みの期間はいつからいつまで?小学校・中学校・高校・大学・幼稚園 - 日本文化研究ブログ - Japan Culture Lab

さて、夏と言えばSFといいつ。結局読んだのは1冊。『星を継ぐもの』、なんと初読だ。これを読んでなかった自分が恥ずかしい、続編が読みたくなったが、季節はもう秋。なんだか気分じゃなくなっていて、急激にメランコリックな気持ちになっていて、ヤバイ。まず日の長さが短くなった。急に暮れていく夕暮れの時間、日中の日の光もなんだか緩く黄褐色ぽく感じる。真昼の暑さはあっても光が肌に突き刺さらない感じ。あと水道の水も冷たくなってないか?

まぁ、とにかくいろいろと季節の代わり目が押し寄せている。『夏への扉』も閉じてしまった。あ、そっかあれは、まだまだこの先の話だった。